2009年08月09日

真如苑 身延山

旦那の実家が真如苑に入ってます旦那は宗教が大嫌いで全く興味ありません…...
旦那の実家が真如苑に入ってます旦那は宗教が大嫌いで全く興味ありません…突然ですがお寺?(私からしたらただの会館)に誘われ私もなんの疑いもなく素直に先祖供養などができるとの事だったのでついていったのですが…お寺に行けたりオゴマをできたりする時点で私は勝手に信者にされたのでしょうか?私は何も信者になるなど言ってないし記入もしてません義理母が勝手に申し込みしたんでしょうね…以前ハワイ旅行に義理母と義理姉と旦那で行った時ハワイの真如苑にも連れて行かれさらに旦那も久々何十年ぶりに行ってドン引きで嫁を真如苑に連れて行くな誘うな!とうさんくさいと…旦那と喧嘩しと実家に家出した時に義理母にお寺行こうと誘われその瞬間はぁ???何の神頼みや!!!とムカつき おかしいと感じた事もありそれから全く話しされても聞き流しお寺誘われたら私一人で行くの嫌やし アナタも行こうと旦那に誘い義理母から制止させるよう仕向けてますお寺と言う所へはお彼岸 お盆など節目に供養する実家で育ちそうゆう事するのは大事とは思いますがあの真如苑でお寺と言う言葉は間違ってませんか?よくわかりませんオケサと数珠みたいなのも買わされました押し入れで眠ってますが長文 乱文失礼いたしました。(続きを読む)

真如苑を脱会したい…でも友人との関係が…
真如苑を脱会したい…でも友人との関係が…真如苑という宗教団体に所属しているんですが(現在は登録されているだけで、集会等には一切参加していません)脱会したいと思っています。しかし、それが仲の良い友人の紹介であったため、どうするべきか悩んでいます。数年前、精神的に病んでいる時期があり、その友人が「良いお寺がある」と紹介してきたので、当時、私が無知だったこともあり、そのまま入信してしまいました。その後、数ヶ月はよく分からないまま活動に参加していたのですが、後々真如苑の実態や、私自身の宗教そのものへの不信感が募ってきたこともあり、それ以降は活動に参加しなくなり、真如苑から遠ざかっていました。しかし、先日久々にその友人と再会し、話したりしていたら、真如苑に連れていかれました。そして、これまでの私の会費(年間2400円)は払い続けている、と告げられ、私がまだ信者であるこということが分かりました。私自身は、もう真如苑を信仰するつもりはありません。しかし、その時はどうしていいか分からず、結局真如苑の中に入り、お参りのようなものをしてしまいました。そこで相談なのですが、この友人に悪く思われることなく、真如苑を脱会する方法はないか、ご助言頂けないでしょうか。友人は、例え宗教をやっていようとも私にとっては大切な友人だと思っています。しかし、私がそのことを切り出した時の友人の反応を考えると…切り出すことをためらってしまいます。どなたかアドバイスを頂けないでしょうか。また、真如苑を脱会した経験のある方は、脱会手続きなどの詳細を教えて頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。(続きを読む)

真如苑はどれほどの力がありますか
真如苑はどれほどの力がありますか真如苑は霊感のある知り合いに聞いたらほとんど力が感じないと聞きました実際はどうなんですか(続きを読む)


まとめブログ「2soku」 : 【酒井法子逃走】 「酒井容疑者は?」「い ...
53:名無しさん@十周年:2009/08/08(土) 16:35:44 ID:0faQjew80: 真如苑の支部なら普段信者に開放されてるから、潜伏するのはちょっと無理かな。 記者でも信者はいるだろうから、真如苑のお袈裟つけていけば普通に入れるだろうし。 というか真如苑なら逆 ...(続きを読む)

缶蹴り : 花火大会…黒い花火
で、恐喝と覚せい剤で逮捕かあ〜」とか「へえ〜、新興宗教(「真如苑」(しんにょえん))にはまってたんだ〜」とかその「真如苑」(しんにょえん)を調べて、 「へえ〜、立川市にあるんだあ〜」とか 「うわ〜、教祖さんの顔、どう見ても・・・」とか ...(続きを読む)

とどくとおもう U 現代の宗教(02):体験と物語
《抜苦代受と霊言発露 : 宗教法人真如苑における》(2000) http://ci.nii.ac.jp/naid/110000467564 《霊劇と霊能発動 : 宗教法人真如苑における》(2001) http://ci.nii.ac.jp/naid/110000467570 《宗教の物語論的理解 : 計量テキスト分析をふまえ ...(続きを読む)


posted by デン at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31181667

この記事へのトラックバック