2009年06月29日

アルコール依存症 診断

フリーイズムダム _余韻
そんなわけで、アルコール依存症にならないよう気をつけます。 顔赤くなる前に止めてるので大丈夫だと思うんですが。 でもわらわらの飲み放で酒豪穂波(www)と友達と飲んだんですげど、 9杯飲んでもなんか平気だったので適量がわかりません。 ...(続きを読む)

ネトゲ廃人低年齢化 それは親が悪いんだろ - 移ろいゆく日々
確かにアルコール依存症や薬物依存症など、社会問題であり、それに対する様々な取り組みが必要とされています。その延長線上に立てば、このネットゲーム依存症も、精神科医や社会学者も含め様々な取り組みが必要であることは云うまでもありませんし、若年 ...(続きを読む)

アルコール依存症 - のほほん日記
アルコール依存症だと思います毎日仕事から帰ると、だんなが帰ってくるまで一人で多量のお酒を摂取していますご飯を食べずにひたすら飲むのです一人暮らしの時からそういった'癖'が見え隠れしていました今朝も仕事で凄く体が辛いだるくて、吐きそう… ...(続きを読む)


誰か、助けてください。67歳の父はアルコール依存症で、数年前に退職してからは毎...
誰か、助けてください。67歳の父はアルコール依存症で、数年前に退職してからは毎日、昼夜問わず飲み続けている生活です。それはそれで諦めていたのですが、ここ4〜5日で急激におかしくなりました。深夜に大声で叫んだり(マンションなので近所から苦情が来ています)、食事は一切とらずにお酒だけは飲み続け、後はひたすら寝ているだけ。トイレに間に合わず、大小便は部屋中に垂れ流し、一度お風呂には入ったらしいのですが、その後は服を着ようともせず裸のまま。そのわりにまるきりボケてしまったというわけではなく、屁理屈を言えるだけの意識はあります。お酒が無くなれば母に持ってくるよう命じ、言うことを聞かなければ暴力もふるいかねません(母は過去に何度かうけています。まだ腕力もあるので、母は恐ろしくて逆らえません)。病院に行こうと母が言っても「なんで俺が病院なんか行かなきゃならないんだ」と聞く耳をもたず、本人には治そうという気がありません。力ずくで服を着せてタクシーに乗せることも出来ません。母はここ3日ほどパートの仕事を休んで父の大小便の後始末に追われています。助けを求めてあちこち電話をしたようです。区役所では、アルコール依存から立ち直る方法を教えますよとだけ言われたようです(本人に治す気が全くない以上、母がそれを聞いてもどうにもなりません)。精神科の病院(数件電話しました)では、うちでは扱ってませんと断られたり、三週間後の予約になりますと言われたり。救急にかけても、本人の意識がしっかりしていて搬送を拒否している以上、救急車で病院に運ぶなどはできないと言われました。実家は札幌です。娘である私は、数年前に結婚して車で5時間ほどの場所に住んでおり、母から電話で相談を受けました。さすがに母が心配で、とりあえず一度実家に行こうとは思っています。ただ、私が行ったところで、具体的に何をしてよいのかわかりません。父は私の言うことも一切聞きませんから。本人に治す気がないアルコール依存症というのは、本当に誰も助けてくれませんね。こういったケースでは、どこに相談したらよいのでしょうか。私は一体どうするべきなんでしょうか。皆さんのお知恵をお貸しください。(続きを読む)

アルコール依存症
アルコール依存症先ほど知人の母親から電話があり、知人がアルコール依存症で酒を飲み続けているから助けてくださいといわれました。知人は家族を巻き込み、家族までうつ病にしてしまいました。本人は依存症とは認めようとしませんが、普段からゆっくりとしか話ができない、酒を飲み始めたらとまらない、飲酒運転で免停、会社にいけなくなり辞職などはたから見たらまったくの依存症なのです。本人は依存症を認めないまま入院させることは可能でしょうか?また兵庫県南西部地区のなるべく近くででアルコール依存症治療でよい病院があれば教えてください。(続きを読む)

アルコール依存症の人を病院に行くように説得し運んでくれる所があるとネットでみ....
アルコール依存症の人を病院に行くように説得し運んでくれる所があるとネットでみたのですが、ご存知の方いらしゃいますか、、、友人が、アルコール依存症の家族を抱えとても苦しんでいます。 ネットで見ただけでは、本当に信頼して依頼しても良いのか、、、どんなふうに説得するのか、、、成功率はどうなのか、、、 ご存知の方 教えてください。 深刻な問題なので、良く調べてから教えてあげたいので、(続きを読む)


posted by デン at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30156428

この記事へのトラックバック