2009年05月29日

福岡地裁 飲酒運転

裁判員制度
本件については8年1月福岡地裁判決があった際ブログで私見を述べているが、老生が感じたように追突事故の原因はあくまでも被告(24)の多量の飲酒による酔っ払い運転でスピードの出しすぎと、先行車の発見の遅れが原因と認められ、福岡地裁の一審判決 ...(続きを読む)

H17.2.22福岡地裁行橋支部脳脊髄液減少症初認容判決
H17.2.22福岡地裁行橋支部脳脊髄液減少症初認容判決1 H17.2.22福岡地裁行橋支部脳脊髄液減少症初認容判決2 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の判例と実務―大発見か暴論か/杉田 雅彦 ¥5250 Amazon.co.jp(゚ー゚;Aアセアセ.(続きを読む)

H17.2.22福岡地裁行橋支部脳脊髄液減少症初認容判決
H17.2.22福岡地裁行橋支部脳脊髄液減少症初認容判決1 H17.2.22福岡地裁行橋支部脳脊髄液減少症初認容判決2 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の判例と実務―大発見か暴論か/杉田 雅彦 ¥5250 Amazon.co.jpヽ(=´▽`=)ノ.(続きを読む)


福岡市で昨年8月、RV(レジャー用多目的車)が追突され
福岡市で昨年8月、RV(レジャー用多目的車)が追突され福岡市で昨年8月、RV(レジャー用多目的車)が追突され、海中に転落、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、危険運転致死傷罪などに問われた元市職員今林大被告(22)の初公判が12日、福岡地裁(川口宰護裁判長)で開かれる。今林被告は「正常な運転が困難な状態ではなかった」「RVが急ブレーキをかけた」として、危険運転について否認する見通しだ。良くはわかりませんが、「RVが急ブレーキをかけた」と言うことを理由に罪状認否を行うようですが、急ブレーキをかけようがなにをしようが、前方の車に接触しない速度と車間距離は保持しなければいけないと思います。酒を飲んで運転しておいて「正常な運転が困難な状態ではなかった」などどよくいえるものだと思うのですが、酒を飲んで運転したら飲酒運転でしょう。本人が正常な運転が出来たって言ったってと思うのですが、意見をお聞かせください。(続きを読む)

福岡3児死亡事故 求刑懲役25年に対し判決は懲役7年6ヶ月
福岡3児死亡事故 求刑懲役25年に対し判決は懲役7年6ヶ月この福岡地裁の判決に担当弁護士は今夜関係者と乾杯するのでしょうか?飲めれば今林大被告も今夜は飲酒したい心境ではないですか。福岡地裁が下した判決どう思いますか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000022-mai-soci(続きを読む)

“今林被告懲役7年6月 福岡3児死亡事故 危険運転罪適用せず 地裁判決 飲酒...
“今林被告懲役7年6月 福岡3児死亡事故 危険運転罪適用せず 地裁判決 飲酒追突「脇見が原因」”・・・・公務員は、公務員には甘いということですよね?ちなみに、地方の裁判官は特に仕事が事務的のようです。今後のための判決というよりも、過去の判決から考えることしか出来ないようです。これだけ法律が甘いのだから、今後も凶悪犯罪がどんどん増え続けるのでしょうね?あなたの考えをぜひお聞かせください。(続きを読む)


posted by デン at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29454316

この記事へのトラックバック