2009年04月30日

パイオニア 株価

@株価はどうやって決まってますか? A休日に前日終値で証券会社に注文すると、月曜...
@株価はどうやって決まってますか? A休日に前日終値で証券会社に注文すると、月曜朝一にその額で買えるのですか?株初心者ですが、教えてください。@株価は需要が多ければ値段が上がる、というようなイメージは分かるのですが、例えば誰かが大量に買ったら、即、ポンッと株価が上がる意味がよくわかりません。(ほんとにそうなっているかも知りませんが)取引所ではなにか計算式のようなものがあるのでしょうか。A需要が多いと値段が上がる、とすると、休日に多くの人がある株を証券会社に注文したとすると、月曜の朝一には買付が集中し、休日に注文した全ての人がその額で買えない気がするのですが。初心者でとんちんかんな質問かもしれませんが、それもふまえて教えてください。(続きを読む)

【日経平均株価】どこまで下げる?
【日経平均株価】どこまで下げる?底を打った感じの日経平均株価ですがここにきて、W底をつけにきたのか?はたまた、下落トレンド継続なのか?いったい、いくらまで下げると感じておられますでしょうか?(続きを読む)

日産自動車(7201)の株価について
日産自動車(7201)の株価について日産自動車(7201)の株価が、とても安いです。私は900円台から700円台後半に至るまで、2回のナンピン買いを経て300株保有していますが、3万円以上の含み損を抱えています。このレベルだと、含み損は痛いのですが、絶対額からみると「痛い」というより「痒い」という程度です。この動向だと、700円を割れる可能性もあると思うので、急遽、追加購入が視野に入ってきました。ナンピン云々というよりもむしろ、配当利回りの高さが魅力的です。自動車産業は確かに不安定で、だからこそPERが割安な傾向があるとは思いますが、日産は本当に倒産するほどまで経営が悪化するのでしょうか?スカイライン(V36)に乗っていますが、かなり良い車を作っているという印象を持っています。倒産せずに、日本の企業のなかでも10位に入る程度の高水準の利益を出し、健全なビジネスを継続してゆき、配当もそれなりに高いレベルで出しつづけるとするのであれば、5パーセントを超える配当を受け取るために長期投資するのは魅力的ではないのでしょうか?私は、むしろ配当利回りの低い銘柄を損切りし、一部の定期預金を解約して、日産を700円程度で2000株程度購入してもよいのではないか、と思い始めました。それで何十年か経ったら、配当だけで投資元本の元が取れて、尚且つ株価的にも含み益が出ていて、それ以後も安定配当を出しつづけるような「打出の小槌」になってくれるのではないか、と淡い期待を抱いています。そういう銘柄が1つでもあれば、将来の投資もかなり安泰ではないか、と思えてなりません。実行するかどうかは未定ですが、それにしてもなぜ日産はここまで売られているのでしょうか?皆さんなら、自動車セクターで買うとしたら日産ですか?それとも、日産はやめて、配当利回りが多少落ちても、やはりトヨタを選ぶ方が堅実でしょうか?(何となく、今の株価水準なら、グローバルに展開する超大手優良企業であれば、目をつぶって成行買いで買いあさっても、数年から10年程度経てば巨額の含み益が発生するような気がしてなりませんが。今から初めて投資を始める人が羨ましいです。)(続きを読む)


アジア株式市場サマリー(29日)について語ってみて
総合株価指数(ソウル) 大引け 1338.42 38.18高 5.91億株 高値 1338.43 安値 1299.98 前営業日終値 1300.24 39.59安 7.46億株 加権指数(台湾) 大引け 5614.06 17.33高 1129.2億台湾ドル 高値 5649.24 安値 5571.93 前営業日終値 5596.73 108.32安 ...(続きを読む)

日米株価と経済指標トップ 09.04.29
・日米株価比較. DJI, N225, N225$, ¥/$. 4月28日, 8017, 8494, 88.09, 96.42. 前日比, -8, -233, -2.09, -0.34. ・日経平均とPBR・PER. 終値, PBR, PER, BPS, EPS, 適正値, 最低値. 4月29日, 8494, 0.97, ***, 8756, **, 8756, 8756 ...(続きを読む)

あれまっ米指標が悪かった!
米GDPが予想より悪かった。 ドル円は、下げ幅は小さかったですが、またまた上が重くなった感じです。 ユーロ円は、期待感から買われてたのか、大きく下げてきました。 さて、米株価はどぉ動く。 後は米株価次第ですかね。(続きを読む)


posted by デン at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28781536

この記事へのトラックバック