2009年01月30日

マクロスf

エチャ会告知!
31日土曜日午後10時から神アレ+マクロスFエチャ会をやります! 『キラッ☆煩悩だらけのシンデレラターイム』(ラジオネタ)…いわゆる12時からは、18禁解禁YOUヤっちゃいなよ!というわけで、18歳未満はお断り…といいたいところですが、実年齢でなく、精 ...(続きを読む)

車校初日
電王のキーホルダーがぶら下がってておまけにマクロスFのバッチが大量にくっついてたことですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー しかも、マクロスFのバッチのなかには保志さんの演じたブレラさんがちゃんといました ブレラさんを見た瞬間、「ください」って言いたい衝動に ...(続きを読む)

2009/01/29今日のニュース系。
マクロスF BD&DVD 第7巻情報 - マクロスFRONTIER スタッフブログ. 俺、元気です。 - 小山剛志のNo Pain,No Life. Windows XPが「exFAT」ファイルシステムに対応(from Hjk/変人窟) をを、これは!と思ったけど、USBストレージとか使ってなかった。 ...(続きを読む)


マクロス世界で、もし?
マクロス世界で、もし?第一次星間戦争の時、ボドルザーの基にあったメモリープレートに記録されている曲が、もし美沙がプロトカルチャーの遺跡で発見したカードに書かれている歌詞が、もし「悲壮感」だったら!その後のマクロス世界はどうなっていたでしょうか?時に「愛おぼえていますか」のラストの美沙のセリフ「ただの流行歌よ。遠い昔に異星人の街で流行った、あたりまえのラブソング」どないなっていたでしょうねえ。(続きを読む)

マクロスシリーズの面白さとは、何ですか? 最初観たとき、「え?歌で戦争が終わる...
マクロスシリーズの面白さとは、何ですか? 最初観たとき、「え?歌で戦争が終わる?」ってびっくりしました。それに、「戦闘アニメで三角関係?ヤンデレ?」とかはっきり言って意味の分からないことが連続でした。それに、マクロスシリーズは一体何を伝えたかったのか分かりません。個人的には、ガンダムシリーズの方が伝えたいことがわかるような気がします。 ファーストガンダムでは、「独裁国家ジオン公国」とその野望を打ち砕くために立ち上がった「地球連邦」。アニメだけだは分かりませんが、ドイツと連合国と照らし合わせばよく分かりました。 ガンダムSEED、SEED DESTINYでは、絵コンテは関係ないとして、「戦争の根本的原因」そして、「誰が裏で何を動かしているのか」っていう戦争の裏側の実態が描かれており、現実に置き換えることもできます。軍需産業複合体「ロゴス」。「ブルーコスモス」の母体でもあります。劇中でも説明されている通り、裏で地球連合を操り、戦争へと導いています。また、ブルーコスモスによって「コーディネーターは憎い」といった宣伝をし、「反コーディネーター」へと市民たちを導いています。 第2次大戦後、日本は「特需」という名前でアメリカ軍の兵器を生産していました。それによって、日本の経済は回復したともいえます。つまり、アニメであるガンダムでも、現実にある「イラク戦争」や「湾岸戦争」、「朝鮮戦争」など全ての戦争では、常に戦場でミサイルや砲弾が飛び交い、自国や占領下では毎日のように兵器が大量に生産され、そして前線に送り込まれていきます。 一体このような兵器生産を行うのはどこでしょうか?そして、このように犠牲がある裏で、必ず誰かが儲かっています。つまり、軍需産業にとって「戦争」というのはこれまでにない「産業」として捉えられることができます。それを、ガンダムSEED DESTINYでは地球連合の兵器を生産し、そして裏で操っている「ロゴス」として描きました。また、「コーディネーターとナチュラル」という人種の違いから生まれた戦争。これは現代の戦争でもあり得ることです。 「あれは敵だ、憎い、戦おう」そうやってむやみと銃を手にとり人々は戦いの歴史が続いています。その背景に、必ず得をする人はいます。 アメリカは銃社会です。しかし、最近銃による過激な事件が続いている中、なかなか銃規制を厳しくすることができないのも、裏で「全米ライフル協会」が儲かっているからだと自分は思います。 面白さや伝えたいこと、教えてください!個人によって違うというのはやめてください。(続きを読む)

マクロスのエースのミリアについて
マクロスのエースのミリアについてゼントランディはメルトランディと敵対していると認識しているのですが、ゼントランディ兵3人がスパイとしてマクロスに潜入する際にミリアがクァンドローで兵士達を送り届けています。これは一体どういう事なのでしょうか?(続きを読む)


posted by デン at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26086239

この記事へのトラックバック